セルフケアも一緒に考えます。楽になるための手段です。

・出張治療と遠隔調整では、まず気になる症状や、悩み、聞きたいことを教えていただきます。

 

身体の治療もしくは調整後に、①身体状況と②総合的な意見に分けてお伝えします。

そのうえで、【今出来る事は何か】そして【何のために行うか】。それを共有したいと考えています。

 

何かの理論に当てはめるのでなく、あなたがやれるもの、やりたいことが大事です。

ご意見やお気持ちを遠慮なく教えてください。

 

 

・キッズケアでは、依頼人は保護者の方がほとんどですが、セルフケアアドバイスは、お子さんご本人と向き合うことも大事にしています。

①お子さんとのコミュニケーションが可能な場合は、主にお子さんと一緒に考えます。

保護者の方には、必要に応じて内容をお伝えします。※お子さんが「誰にも言わないで」と言う内容はお伝えしません。

保護者の方が、子どもの症状や悩みに関して楽になることは非常に重要です。そのために間に入る立場だと理解しています。

 

②お子さんとのコミュニケーションが困難なケースでは、保護者の方と一緒に考えることを大事にしています。こちらでも、保護者の方の負担や罪悪感などを減らしたいと思っています。

 

 

 

 

・セルフケアアドバイスでは、様々な段階を経て最終的には、

【何が原因かよりも、どうしたら良いかに意識を向ける。】事を目指したいと考えています。

 

セルフケア講座でも、ご自分やご家族の状況を理解して、気持ちが楽になるような内容をお伝えしたいと思います。