最新の記事

自分の何に共感を得たいですか

私が学んできたある分野は

民間人の研究や発信がさかんで

その方々の影響を

多くの一般人が受けています。

先日その分野の一人が発信した内容を

主張の対立がある人が

コメントと共にシェア。

コメント欄は

その内容への嘲笑と

発信者の容姿を嘲笑する

驚きの展開が起きていました。

これってとても残念で

アカデミックな発展は望めない。

仮に元の発信をAさん

嘲笑コメントが展開されたのはBさんとします。

Bさん、発信力が強い方です。

ご自身の主張で集客もできます。

むしろそれを本業とされています。

ですが、BさんがAさんを揶揄して、

それに共感した人が乗っかり

Bさんが「いいね」をしちゃうと

Bさんに気に入られたい人が

Aさんをいじることをし始めます。

何を伝えたい?

AさんとBさんの意見の対立は

専門分野の高度な展開をしていて、

素人がアカデミックな議論を

一緒にするのはかなり難しいと思います。

ですが、

本筋に関係ない話で

あるいは人の容姿を揶揄する展開は

人種と国が違えば差別ですし、

発信することで周りの

取り巻き素人集団は

その人に気に入られたいとも

深層心理では思っているわけで

知識をぶつけるより

「あいつむかつきますよね」と

発信者が抱く感情にすり寄ります。

事実、そのあとの

Bさんと仲の良いCさんの発信も

Aさんを遠回しに揶揄する内容で

そこにそこそこの取り巻きさんが

コメントを残しています。

くっだらない。

私がAさん、Bさん、Cさんの発信を

チェックしているのは

それぞれの主張のどこに

共感があるか、疑問があるかを

確認するためなので

偶然目にした内容でしたが

いい大人の言動としてはみっともない。

いやだから見なければよい?

いえ、違います。

私は、その方々の主張を

情報として取りに行きたいのです。

それぞれの主張に共感というか

勉強させていただいています。

ましてや容姿とかは

私の好みですが、何か。

という気分です。

私自身はというと

本業はご紹介がほとんどなので

私の技術だけではない何かに

共感いただけている

大変ありがたい状況です。

ですがとても聡明な方が多いので

Bさんと同じことをしたら

信頼が落ちます。

私のヤンキーモードは否定されない。

でも、他人を落として正当化したら

何よりも罰が当たると思っています。

承認欲求は

人間社会の発展には必要な本能です。

ですが、人が承認されるのは

懸命に生きたときであり、

他人を己の承認のために

巻き込むことは共感どころか

マジで引く行為だと学んでいます。

批判も同じ。と気づくこのころです。

私も精進してまいります。