最新の記事

挫折と思うか、次につなげる材料と思うか

※過去のセルフケアブログより、加筆修正して掲載します。

あるクライアントさんが、時間をかけてご自分の人生(もはや半生ではない、人生!)を教えて下さったとき、「人生に、挫折や劣等感は要らないな!」と心底思えました。

みんな一生懸命生きてるじゃないですか。

「あいつ何やってんだw」とか「全くもー、いい加減にしてよ」とか、もちろんありますけど、その方の人生を聞いていて、本当に勇気を頂きました。

私は劣等感の固まりでした。

挫折の連続で今があります。

・体力に自信がありません。子どもの友達が来ていても、放置してお昼寝します。

・家をきれいにするのが、苦手です。要らない物に限って置き場が見つからず、家を汚します。。

・育児本は絶対に書けません。子どもたちをダメにする自信しかありませんでした。

【で?】なんですよね(笑)。

苦手だ、挫折だ、劣等感だと言っていますが、その割に好きに生きています。

全てが本当は言い訳っぽくも感じる。

過去は全て骨となり血となり肉となる。

なので、何をやってきても、挫折ではなくこの先にある自分の糧です。トラブルは、未来の糧になると強く信じることが出来ると思えたのは、この方々のストーリーのおかげでした。

起きたことがうまくいかない時に、挫折と思うか、経験と思うか。

人って、自分に関することは冷静に評価できないから、人にその出来事の評価を委ねがちです。

「誰に聞くか」

これもまた人生に大事な判断です。

クライアントの人生を通して、私は「人生に無駄はない」と確信しています。ただそのためには、大事な視点があります。

起きたことがラッキーかどうかではなく、「何を学べるか」

同時に忘れてはいけないこと

「嫌なものは嫌」と思ってよいこと

この二つを土台にして物事を見つめる時に、人は人生をしなやかに強く生きれると思います。