コリを放っておいたらどうなる?

マッサージ師のマッサージを受けたことがない方でも、美容室で肩をもんでもらったり、家族に押してもらったりした経験はあると思います。

そんなとき、「凝ってる」「固い」と言われたことがありますか?それか、凝っていると自覚することがありますか?

今日は、そのコリがからだにどのような影響を及ぼすか、書いてみたいと思います。

コリは何が原因か。

臨床の経験から言うと、コリ自体は筋肉が固い状態を言います。

コリは、筋肉を緩めたら解消します。多くの方が気持ちが良いからコリを「押す」。実はこれはおすすめしません。なぜなら、ほとんどの場合、一時的に解消できてもすぐに戻るからです。中には、それまでなかった痛みなどが出て不快な場合もあります。

なぜ改善しなかったり、もみ返しが出るかというと、コリの原因にアプローチできていないからです。つまりコリには原因があるのです。

コリは氷山の一角。そして原因は様々です。

  • 筋肉の使い方・姿勢
  • 冷え性
  • サイズが合わない服や靴
  • 噛み合わせ(虫歯の治療を繰り返しても起きます)
  • 風邪
  • 精神的緊張
  • 栄養バランス

これらが同時にいくつも起きているケースがほとんどです。なのでコリの改善も、原因に合わせて組み合わせることが必要です。

例えば使い方が原因の場合は、押す場所が違います。コリを作った場所を緩めます。

コリを直接「押す」「もむ」だけでは改善しない理由がお分かりになりましたか。

コリを放っておいても大丈夫?

臨床での意見です。医学的な根拠はありません。

コリは「自覚が無ければ」放っておいてもかまわないと考えています。

コリは氷山の一角で、根本的な原因は別にあるからです。また「辛い」と思わないものを無理にアプローチすると、脳が混乱して「過度に気にする」きっかけになるからです。

ですが、マッサージや鍼灸を受けた後から「コリ」を自覚するケースはあります。

これは、「からだが快適な状態を知った」からです。

鍼灸マッサージは、コリの改善が得意です。また、コリのいくつかの原因に同時にアプローチできます。なので快適に過ごせる時間も長くなります。

コリが緩んでくると、不快な状態が自覚できるようになります。「快適な状態を知るから、中毒になる」と言われるのは、不快と感じたら我慢ならないからです。←この内容は別で書きますね。

コリ以外の他の症状がある場合は、病院での受診をおススメします。ですが正直に言えば、全体をみれる医師が数多くないのも事実です。

(そして多くの場合は、医療というより私達治療家と同じというか、もっと怪しい人もいます)。

コリのそのものは、不快でなければそれほど気にしませんが、からだの不調にはコリ由来の症状と考える場合もあります。

例えば、ずっと続いている耳鳴りやめまいは、疲れやストレスからの発症も考えられますが、意外とコリ由来のケースもあるのです。コリ由来の頭痛もありますね。

また膝の痛みも、腰やお尻のコリが原因で起こることがあります。足首の痛みも同様です。この場合、膝や足首ばかりを注目していても、根本的なアプローチにはなりません。

まとめ

まとめますと、コリは辛くなければ放っておいてもかまいません。でも、他の症状がある場合は「コリが改善すると症状が緩和する可能性」もあります。気になる方はご相談ください。

スパイラルテープは、コリに直接貼ってコリを緩めます。点温膏は、コリに直接刺激を与えてコリからくる辛さを和らげます。素材やにおい(点温膏)との相性があります。

五十嵐いつえ