最新の記事

告知 3月6日13時オンラインからだ講座(年長から小3ほど)

DSC_1139

追記:3月3日時点ですでに定員に達したそうです。現在増員の予定がなく、キャンセル待ちが可能かもわかりません。ご検討くださった方がたくさんおられるようなので、別の機会を急いで検討します。ありがとうございます。

コロナウイルスによる北海道幼小中校一斉休校の知らせを受けて、立ち上がった有志で結成した期間限定のオンライン出前授業サービス、おうちdeまなび舎 ~日本全国こどもむけ無料オンライン出前授業~ にて、3月6日13時から40分ほど授業を行います。

・タイトル:自分の「からだ」と「心」をのぞいてみよう

・対象:年長~小学校3年生ぐらい※HPでは年少~とありますが、推奨年齢は年長からです。ですが、年少さんでも中学生でも大歓迎です。

・料金:無料

・申し込み方法:こちらのサイトから生徒を登録して、各授業ごとに予約を入れます。※定員が20名だそうです。先着順です。

・内容:うれしい気持ち。悲しい気持ち。からだはどうなっている?心とからだが連動することを自分のからだで体感します。

もともと、休校要請を聞いた時に、子ども向けのからだ講座をオンラインで開こうと考えていました。

その想いをフェイスブックにつぶやいたところ、友人が講師募集を教えてくれました。

40分、低学年のお子さん向けという範囲内で、何ができるか。いくつかのアイデアを子どもに伝えたところ、「この話をしたら?」と言われたのが今回の内容です。

昨年のある日、子どもが調子が悪いと学校を休みました。その直前に私が発熱した関係で受診したところ異常なし。「メンタルかもしれませんね」とドクターに言われたのです。

でも、子どもは自分のからだに何が起きているのかわかりません。からだの病気だと思っていたのに、「からだは悪くない」と言われる。

「どうしたんだろう。」「じゃあ、なんで具合が悪いんだろう」と子どもが不安になりました。

そんな疑問に次のように答えました。その時にかいた説明がこちら※殴り書きです

「心とからだはつながっている」ことは、大人なら一度は聞いたことがあると思います。まずは「心とからだの関係」を伝えました。

この言葉はとても奥が深いのです。

からだは絶えず変化していて、それを「成長」といったり「老化」といいます。からだが変化するということは、心も変化します。からだの変化が大きいと、心も不安定になります。

そして子どもはずっと成長しています。ということは、心はそもそも不安定になりやすいのです。

子育て世代の親なら、思春期の子どものいら立ちを見たら納得するでしょうし、女性で生理トラブルがある方は、ホルモン周期でメンタルが不安定な時を思い浮かべたらわかり易いですね。

子どもも同じです。思春期でなくても、からだが変化する時期です。服や靴のサイズアウトだけでなく、心も成長しているわけですから、逆に言えば安定しにくい。

子どもにこの話を伝えたところ、突如私の紙とペンを持って、書き始めたのがこちらです。

子どもが今どうしたいか、素直な気持ちが書かれてきました。これには正直驚きました。「もっとあそびたい」「友だちとあそびたい」。成長が心も不安定にすると知って初めて安心して出せたと私は感じたのです。


3月6日はこのような話をします。※参加されるお子さんの状態を見ながら進めるので、どこまで伝えきれるかは当日次第です。

下の子が、この話を提案してくれてとても嬉しかったです。都合よく解釈すれば、それだけ届いたんだなと思いました。

休校によって、子ども達にも色んな気持ちが渦巻いていると思います。また親御さんの中には、再開後に学校に子どもが今までと同じように通えるのか、心配される方もおられるでしょう。

子ども達は自分の気もちだけでなく、そばにいる大人たちの感情もくみ取ります。そんな中、「気持ちを我慢しなくても良いんだよ」と伝えるのは、大人の受け止める力も求められます。お時間ある方は、ぜひ隣で聞いてください。もちろん、お子さまだけのご参加も大歓迎です。

再度こちらから。おうちde”まなび舎”~日本全国こどもむけ無料オンライン出前授業~

成長=不安定
忘れがちなからだの仕組みを思い出させてくれた昨年ほぼリアルタイムで書いた記事も。