新型コロナウィルスに関する対応について

昨年末より注視してきました、新型コロナウィルスの感染拡大防止と感染予防について、出張治療の際に取り組んでいる対策をご報告いたします。

疑わしい症状だけでなく、総合的に判断します

新型コロナウィルスによる感染症状は、国立感染症研究所の3月5日の報告によると、①発熱②咳③ 筋⾁痛④倦怠感⑤呼吸困難などが主な特徴です。今回は症状が軽くてもウィルスに感染しているケースもあります。感染者全てが発熱したり、咳があるわけでもないようです。

一方で特に②咳や④倦怠感は、花粉症や喘息、通常の風邪でも見られる症状です。「症状が軽い人は自宅で静養」が基本となりました。しかし、コロナウィルスによる症状か他の原因かの診断はだれにもできません。持病がある人は持病が悪化しないようにと言われながら、病院に行きにくいとうジレンマがかえって体調を崩したり、不安感をあおると考えています。

そこでArt of Healingでは、①から⑤の症状を中心に総合的に判断します。

まず①発熱がある場合は、他の感染症のリスクも含めて、疑いであってもキャンセルとします。また⑤呼吸困難も、東洋医学より、病院を選ぶ方が賢明だと判断します。それらを除いて、他にどのような症状があるか事前に聞き、総合的に判断させていただきます。

なお3月15日現在、私は咳喘息を抱えています。そしてスギとヒノキに対して花粉症を発症しています。そのため、どちらとも薬でコントロールしていますが、胸(気管支)には少し息苦しさがあります。咳はほとんどしませんが、毎年この時期は炎症が一時的に激しくなることもあり、くしゃみが服薬しても止まらない日もあります。

私に疑わしい症状がある場合は、活動を自粛する

①私の平熱は37度前後です。37度5分をまたずに、通常の感覚とは違うなと思ったら自粛します。また、平熱であっても②今抱えている症状より悪化した場合や、身に覚えがない③や④が出た場合も直ちに中止します。

家族に疑わしい症状がある場合は、家族の症状と私の症状を総合的に判断する

家族のプライバシーがあるので、詳細は伏せますが、家族には呼吸器系の持病があります。通常の状態を把握してありますので、「いつもとなんか違う」と感じた場合は総合的に判断します。ですが①熱が明らかにある場合は、看病と感染の可能性を考えて中止します。我が家は現在夫が在宅ワークです。子どもたちは外遊びや限られた外出で数週間過ごしています。感染のリスクは極めて低いと感じていますが、油断することなく丁寧に観察してまいります。

出張先のクライアントに疑わしい症状がある場合は、キャンセルをいただく

我が家の家族同様に①発熱がある場合はすぐにご連絡をください。また、他の症状でも不安がある場合もご連絡をください。この連絡はただ、キャンセルとリスケの為だけではありません。より安心して過ごせるように、出来る事を一緒に考えることができます(医療相談ではありません。セルフケアとしてできる範囲に限ります)

出張先のご家族に疑わしい症状がある場合は、総合的に判断します。

クライアント同様に症状から総合的に判断させてほしいので、まずはご連絡をください。小さいお子さんに症状が出た場合や、家の間取りの関係から、隔離が非現実的なお家もあります。感染防止と症状緩和に向けて、一般的な知識の範囲ではありますが、一緒に考えてまいりますので、ご連絡くださるとうれしいです。※予約に伴うご相談には料金が発生しません。

キャンセル料金はかかりません

Art of Healingは以前から一貫してキャンセル料金をいただいておりません。これは大事にしていることが、「私の仕事」ではなく「治療は共同作業」という認識があるからです。特に今のような制限がかかるときは、「頼もうか」どうかすごく判断に迷われる時だと思います。

私は当日のキャンセルでも問題ありません(※ただし移動を開始している場合は、出張料金を。治療を開始している場合は、治療費含む全額をいただきます)。安心と安全が治療の大前提だと思っています。

訪問時にはこのように対策を取ります

マスクを使用します

マスクには感染を予防する効果はないと言われています。またマスクを不用意にさわったことで感染がかえって拡大するとも言われています。マスク着用の目的は、飛沫予防です。症状がなくてもウィルスを保持している可能性を考えて着用します。

手洗いをさせてください

ご自宅に入ってすぐに手洗いをさせていただきます。また、記録を取ってマッサージや鍼にふれる前も手を洗わせていただきます。そのため、皮膚に直接触れる場合は、手を冷たく感じると思います。感染防止のため、ペーパーもしくはタオルは持参します。ペーパーのごみも全て持ち帰ります。

アルコールがある場合はお貸しください

災害対策も含めてかねてから備蓄をしていますが、現在アルコールが残りわずかです。鍼治療に使う分は確保してありますが、今後しばらくは入手が困難だと予想しています。新型コロナウィルスは、アルコールだけでなく、石鹸でも対策が取れます。なくても問題がないと感じていますが、あるとちょっとした作業で手洗いに行く手間が省けるので、大変便利ではあります。もし、私が使う分があれば、お貸しください。

不安があるときこそ、遠慮なくご連絡ください。

治療はお守りだと思っています。だからこそ、不安になった場合はご連絡をください。先ほども書きましたが、キャンセルになっても出来る事を一緒に考えてまいります。そして、ご予約も同様です。必要と判断したら、提供できる他のメニューもご案内します。

今回のコロナウィルス感染症は、まだ収束のめどが見えていません。むしろ世界的な広がりを見せる中、経済にも打撃が起きています。子育て中の家庭にとっては子どもがずっと家にいることで、大人にかかる精神的な負担も相当です(当事者です、、)。

コロナウィルスそのものから受けるリスク以上に、精神的な疲労や肉体的な消耗も多く出始めています。もし、閉塞感でつらい時は、それこそ私の出番でもあります。

キャンセルはできます。そして感染症にはこのように対策を取ります。

あとは皆様が各自判断されてくださるとうれしいです。よろしくお願いいたします。

Art of Healing 五十嵐いつえ