出張治療再開予定のご案内(6月1日~)

3月末より休止していた出張治療を6月1日から再開します。今回は再開にあたり、お伝えしたいことをまとめました。このサイトに書く内容は、私が取るであろう対策も正直に書いてまいりますが、中にはかえってご不安になる項目もあるかもしれません。それでもご判断されるに必要な情報だと思い、掲載いたします。

なお鍼灸マッサージは、休業要請事業の対象外です。再開も私個人の判断で可能です。

半自粛(状況に合わせて臨機応変に活動する)

タイトルに書きました通り、6月1日から再開予定ですが、新型コロナウイルスの感染症のリスクがゼロではない状況だと思っています。私が感染しているかもしれないし、クライアントさんが感染しているかもしれない。

また、パンデミックな感染症は第2波、第3波が来ると予想されています。そして通常は第2波の方が、危機感が緩む分感染者数が増えるそうです(個人的には、第2波が来るとすれば今年の11月ごろから冬にかけてかなと想像しています)。

コロナウイルスの本当の姿がどうであれ、BCGワクチンの影響がどうであれ、引き続き新型コロナウイルスと共に生きる前提で活動します。

そのリスクを下げる対策を取りながら出張治療を行います。何よりも大事なことは、状況に合わせて臨機応変に活動することです。感染者数や医療体制、コロナウイルスに関する最新情報などで小まめに軌道修正を行います。自粛ではなく、半自粛。この形式で続けてまいります。

私が行う予防策と対処法

感染予防策に関して
  • 基本とする予防策を行います(状況に合わせて調節します)
  • 出張治療は予防に努めながら、公共の乗り物を使います
  • 手指消毒を直前に行ってからお宅に伺います
  • 体調管理に努めます
  • 特定のやり方や考え方に固執せず、一番最適な方法を常に探り続けます

詳細につきましては、以下の記事をご参照ください。
コロナ感染症への基本的な対策方法
ウイルスの専門家による感染予防策(乗り物から日常生活まで)

このように対応します
  • 私に疑わしい症状がある場合は、自粛します
  • 家族に疑わしい症状がある場合は、私の症状を含めて総合的に判断します
  • 自分の住む地域で流行した場合は、自粛します
  • 出張先やそのルートで感染が流行した場合は、総合的に判断します

詳細につきましては、以下の記事をご参照ください。
新型コロナウィルスに関する対応について

ご依頼の際にお願いしたいこと

感染予防策に関して
  • マスクの着用をお願いします(ご用意がない場合はご用意します)
  • 換気をお願いします

詳細につきましては、以下の記事をご参照ください。
コロナ感染症への基本的な対策方法
ウイルスの専門家による感染予防策(乗り物から日常生活まで)

以下の場合はご連絡ください
  • 発熱や味覚嗅覚症状など疑わしい症状がある場合
  • 同居中の他のご家族に疑わしい症状がある場合

体調にご不安がある場合は、予約前の時期に関係なく、いつでもご連絡ください。
当院はキャンセル料金が発生しません(移動開始後は規定料金をいただきます)。

詳細につきましては、以下の記事をご参照ください。
新型コロナウィルスに関する対応について

疑わしい症状:発熱・咳・呼吸困難・倦怠感・味覚や嗅覚障害(5月13日時点)

出張範囲

主な活動地域が横浜市都筑区~神奈川・東京です。引き続きこのエリアを中心に参ります。遠方の方は、最新の情報をもとに、地域の方の不安感情などを総合的に判断しながら決定します。うかがう前提で検討するものです。遠慮なくご相談ください。

出張治療は出歩かなくてよい

もともと出張専門の治療院なので、移動慣れしています。移動の際にどのような注意点があるか等、感染症対策を実践しやすいので、うつる不安を減らして治療を受けられます(ただしゼロではありません)。

当院では、ご自宅でからだの本質的なケアが受けられます。おからだや状況に合ったセルフケア方法もお伝えできるので、大変お得です(既定の時間を超える場合は、延長枠をご利用ください)

なぜ治療なのか

当院は治療とセルフケアに力を入れています。治療は、直接おからだを把握できる分、一番合った方法でからだを整え、セルフケアをお伝え出来ます。また、からだが整うと心が軽くなります。様々な葛藤や不安があった今は特に、治療の効果を味わってほしいと思っています。

出張を頼みにくい場合は

人との接触が怖い、遠方で頼みにくいなど、お一人ずつの事情は違って当たり前です。そこで、再開後は休止予定でした遠隔ヒーリングは引き続きご利用いただけます。こちらでもセルフケアアドバイスは可能です。初めてのご利用でご不安な方はオンラインからでも対応できますので、お気軽にご利用ください。

また、セルフケアの動画や有料講座や当サイトでも記事も出してまいります。引き続きご利用くださるとうれしいです。

感染症が下火な今こそ次に向けて準備する時

休止期間中は、遠隔ヒーリングや家族の対応をしなら、多くの情報を集めていました。そのうち、いくつか非常に有用なものは、書き起こしもしています。

NHK緊急対談 パンデミックが変える世界 ~海外の知性が語る展望~のまとめ

ウイルスの専門家による感染予防策(乗り物から日常生活まで)

デマに騙されないための心理学的心得(名越康文TVシークレットトークyoutube分室)より

中国の針灸事例から考える「新型コロナウイルス感染症」の日本での鍼灸マッサージとセルフケア方法

これらの情報から、鍼灸マッサージやセルフケアは、感染症に向き合うからだ作りに欠かせないアイテムだと確信しています。

また、からだの不調があっても、病院に行きにくい状況のなか、からだを少しでも良いコンディションに整えることは、安心と自信につながります。

「からだには、どんな状況でも、何があっても出来ることがあります」と言うのが私がよく使う言葉の一つです。そして、私はそのような対応が得意だと自負しております。

再開後の皆さまのご利用を、心よりお待ちしております。

鍼灸マッサージ師 五十嵐 いつえ