足三里(動画あり)

新生「ゆるツボ」。第一弾は足三里を1分でわかる動画付きで。
コロナ治療で使われた実績を背負って、最近は鍼灸院などの入口に足三里ポスターが見られます。個人的には、位置取りが難しいツボです。でも大丈夫。ゆるツボは「だいたいで結構効く」から。

位置(ずれても気にしない)

足三里
  • 膝を曲げる
  • 膝下のくぼみから自分の指4本分下におろす
  • 右足は7時の方向、左足は5時の方向にずらす

足を曲げる角度などでも位置がずれてきます。でも多少のずれは気にしなくてOKです。

だいたいの位置で押してみます(骨に向かって押すのがポイント)。「気持ちが良い」と思ったら、それが足三里です。回数を重ねると上手に取れるようになるので、まずはトライを。

こんな時に使います

足三里は胃の気と同じ効果があります。胃の気は治療の一番最初に用いる処置で、「やる気スイッチ」です。その中でも足三里は最も効果が出るツボだと感じます。

  • 胃経のツボなので、胃腸の働きを整えます。また、胃経上に起きた不調にも使います。
  • 自然の営み(バイオリズム)にからだが調和しないときに使います。時差ぼけや昼夜逆転、生理不順や季節の変わり目に起きる不調があるときは、丁寧に刺激します。
  • 加齢ともに胃の気は衰えやすくなります。胃の気を上げることで基礎体力を向上させます。また、病気やけがの回復など、からだの修復力を上げたい時にも用います。

からだや心の不調
  • 新型コロナウイルス感染症の治療(感染を疑う場合~回復期まで)
  • 風邪を引きやすい・治りにくい
  • 胃腸の痛み・食欲がない・食後のむかつき
  • ガスがたまりやすい
  • 筋肉痛・膝の痛み・太ももの肉離れ
  • 鎖骨や足の骨折後のリハビリ
  • 花粉症・副鼻腔炎
  • 乳腺炎・排卵や生理時の乳頭痛
  • 生理不順
  • 自律神経の乱れ(不安定さ)
  • 冷え症
  • 夏バテ
  • 時差ボケ
悩みごと
  • 朝起きれない・夜眠くならない
  • 疲れやすい・体力に自信がない
  • まっすぐ歩けない(筋肉のバランスが悪い)
  • ケガをしやすい
  • 段差がない所で転ぶ
  • いつも緊張している

ここに挙げた症状は、「こんな時に、組み合わせるツボの1つとして選んでいるよ」という不調や悩みごとです。

ゆるツボは、「組み合わせて効かせる」というコンセプトがあります。一つだけでも効きますが、症状が重かったり、悩んでいる期間が長い(ひと月以上)時は、胃の気三点(足三里+2か所)を刺激しましょう。また、他のツボやセルフケア方法と組み合わせることも大事です。

おすすめの使い方

  • お灸(体調管理・改善)
  • 点温膏(応急処置)
  • パイオネックス(体調管理・予防・難易度がやや高い)
  • スパイラルテープ(ケガ予防・痛み緩和・パフォーマンス向上)

セルフケアでツボの良さを簡単に引き出せるのはお灸です。台座型が基本です。

点灸はコスパが良いです。(点灸は皮膚が弱い人にはおすすめしません)。棒灸やテルミーも良いでしょう。

台座型なら1回か2回。点灸なら1回か3回(点灸は奇数回が多いのです。これは東洋医学では、奇数と偶数の意味が違うためです)。棒灸やテルミーなどは慣れ親しんだ方法と時間で調整してください。

箱根駅伝やマラソンで、選手が足三里に何かを貼っている映像を見たことがありませんか?これは筋肉の疲労を予防し、走りやすくするためです(たぶん)。ケガ予防やパフォーマンスの向上には、パイオネックス(置き針)や、ツボテープ、スパイラステープ、磁気や粒シールなども有効です。

マッサージ(動画)

マッサージでも、他の部位と組み合わせます(ゆるツボのツボを全て書き終えてから書きます)。時間や強さは体調によって変えます。単独で使う場合はこんな感じ。