子どもの問題は親にも影響が大きい

からだを構成する要素を次のように分解しています。
【からだ=心×身体×エトセトラ】です。

からだ=あなたですが

介護や、子どもの問題では、

からだ=子ども+あなたです。

 

 

【いじめや不登校へのアプローチとして、
保護者のからだを整えるアプローチがある】

治療家だからこそ伝えるメッセージです。

 

 

いじめに関して書きます。

いじめは、重度な対人トラブルと理解しています。

陰口、悪口、一つ一つの程度が軽くても

長期化することで受けるダメージも

自分の尊厳に関わる部分でダメージを受けるので

質と量、期間を総合的に評価してほしいと思います。

 

 

いじめが深刻化しているときは

大人が解決に向けて機能していないときです。

この時、保護者対保護者。

あるいは保護者対教師。

この構図が起きています。

親にもかなり深刻なダメージをもたらします。

場合によっては、親が鬱になり

親も人間不信になり、

子どもの問題ながらも

親の問題でもある。

 

よって

【いじめや不登校へのアプローチとして、
保護者のからだを整えるアプローチがある】

この意味が伝わるとよいなと思います。

 

 

いじめ、不登校は共に子どもの問題ですが、

解決に向けて親が動く覚悟が必要です。

覚悟はあなたに余力あってこそ。

余力は、渦中にいると自己生産はできません。

まずは自分の傷を癒し

からだを回復させることが必要です。

 

五十嵐いつえ


人気ブログランキング