ワンオペ育児を悲観しすぎないで欲しい

いつもより早く家を出ましたある日。

ある地域の、保育園に送る時間と重なり、

たくさんのお父さん達が、子どもと駅の方面に向かっていました。

 

「イクメンさんが増えてるのだなー」と感動すると共に、

1つ引っかかったのは、

【ワンオペ育児の渦中にいるお母さん達の想い】でした。

 

 

2009年頃、欧米のおしゃれな抱っこひもが流行り始め、

男性が子どもを抱っこする光景が急速に広まりました。

 

子ども達とお父さんとの距離は、抱っこひも登場の前に生まれたのか、

後なのかで、大きく違うと様々な場面で感じています。

でも正直に言えば、違和感を覚えるケースも多々あります。

 

ワンオペ育児に追われているお母さんは、

お父さん方の参加を見て自分の家を振り返り、

辛くなるのかもしれません。

パートナーに不満を抱きやすいなと思っています。

 

 

東洋医学的には、

男性は陽の役割があり、女性は陰の役割があります。

陰陽どちらも必要です。

そしてその配分は、本来各家庭で異なっていても良いと思っています。

 

その上でお伝えしたいのは、そのご家庭での役割は何?

と考える機会が大事という事です。

 

【男親にしかできないこと。】

私が感じた違和感は、この部分が薄れていることです。

 

母親と同じ事を分担しようとするあまり、

男性性が必要な場面で、本領が出せなくなるのかな?

と危惧してのご提案です。

 

本当に育児に馴染んでいる方々も知っています。

でも、「そうあらねば」という方々もおられます。

時にそういう男性を見て、「母親が二人いるな」と思ってしまいます。

 

隣の芝は常に青くて、ワンオペ育児の母親からしたら、

隣のパパさんが理想で、うちの夫は!と怒りが出る場合は、

 

【困っている、助けて欲しい】と、誰彼構わずに伝える勇気を持たれてくださいませ。

 

自分がどうしたいかを、

ワンオペ育児は見つめさせてくれますし、

隣の芝も全面青くないことを知っておくだけでも、楽になりますよ。

 

夫婦の協力も素敵ですが、ワンオペ育児も成長のチャンスがあることを知って頂きたくて、書きました。

五十嵐いつえ


人気ブログランキング