中封(チュウホウ)

赤いシールが中封です。少し説明がしにくいツボです。

 

①位置

真横で見ると、足のふちどり上になります。やはりわかりにくい。

緑のシールはくるぶしの一番とがったところです。

黒ペンのカーブはくるぶしをなぞった線です。

親指側からなぞっていくと、

このツボが必要な人は、

ボコっと盛り上がっているか奥にコリがふれます。

くるぶしや、くるぶし直下にある照海(しょうかい)のツボとの位置関係は写真の感じです。

↑斜めからの図

真上からの図。

青いシールは足首の中央のくぼみ。

 

②道具
お灸 パイオネックス

③効能
単独ではあまり用いません。が、かなり大事なツボです。

・左の中封は、

左肘の尺沢(シャクタク)というツボと合わせて、

腹部瘀血(ふくぶおけつ)の改善に用います。

腹部瘀血とは、

血の巡りが悪い状態に用いる東洋医学の考え方ですが、

たいていの場合《冷え》が関係します。なので、

腹部瘀血=冷え(特に骨盤の中)で理解してください。

つまり骨盤が冷えた状態で起こる様々なトラブルに用います.

慢性的な症状が多いと感じていますが、

痛みの場合は急性でも用います。

・膝下にある曲泉(キョクセン)と合わせて

筋肉の疾患に用います。

・上太白(カミタイハク)と照海(ショウカイ)と合わせて、
万能お灸ケアの《足の三角形》として用います。

 

なので症状としては
・婦人科トラブル全般

・慢性的な消化器トラブル

・皮膚トラブル

・膀胱炎・頻尿

・腰痛(急性・慢性ともに)

・寝違い・コリ・神経痛

また気管支の慢性的な炎症にも用います。

中封と尺沢にお灸をすると、頭がすっきりします。骨盤の冷えにアプローチして頭に変化が起きるのは、理屈がわかっていても不思議です。

五十嵐いつえ


人気ブログランキング