鍼灸師が子育てについて書くわけ

女性と子どもの出張治療をスタートしたのは、まだ下の子の預け先すらも決まらない時でした。

 

仕事が出来る時間はが限られていたことから、最初の数年はほとんどがお母さん方からの依頼でした。そこで、多くの方が抱えていたのが育児にまつわる悩みでした。

 

私自身も育児に関しては、自信がなく。。それは今もないのですが、出張治療をスタートしてから越えてきた様々な課題は、育児に対しても良い方に反映されたのです。そしてそれは、育児だけでなく私の生き方を補強してくれます。年相応に身体の問題は抱えながらでも、以前よりは身体に自信もあります(というか、こんなもんだと、いい意味で受け入れています)。

 

子育ての悩みって、子育てで起きている事なのですけど、本当は子どもに原因があるのではないのだなと、強く実感しています。

 

女性の身体含む人生をサポートしたいと願う時、子育ての悩みをどう理解して対応するかを考えるのは、子育てにとってもメリットがありますし、多方面での恩恵がある作業だと思っているのです。

 

私は育児のスタートはほぼ寝たきりでした。でも、今は昼寝を堂々としながらも、仕事をして家事もそこそこしています。育児はポイントだけを押さえています。

 

だからこそ書けるし、伝えたいこと。これらを書いています。

 

 

また独身の大人の方々にも、ひきこもりの方にも、いじめや不登校で「自分なんて」と思われている方にも、通用する内容だと思っています。

 

このサイトでは女性と子どもに関して書くことが多いのですが、地域や社会のご理解とご協力がなくては育児は決して成立しません。他者の言動に批判が起きやすい昨今です。親の勘違いも、努力不足も確かにあります。ですが、他者への寛容性が少しずつでも取り戻せたら、子どもに関わる大人が楽になるのも確信しています。

 

治療家としても、親としても、挫折しています。理系出身ですが、全く科学的に裏付けできない内容も発信していきます。がむしゃらでも、子育てをサポートして子どもと親を支えたい。なぜなら、子どもは面白いからです。

 

よろしくお願いいたします。

 


人気ブログランキング